家船(えぶね)漁民

船を住処としていた家船(えぶね)漁民という人々がいたのをご存知ですか。家船(えぶね)とは漂流漁民の総称で、漁をしながら物々交換で暮らしてきた彼らは独自の文化を持ち、入れ墨や抜歯の風習があったという。
家船(えぶね)漁民といえば、昭和三十年代までの別府で、持ち舟で寝泊まりしながら浜脇温泉や別府温泉に通う湯治の習慣が古くから見られ、春には波止場に係留される舟は100艘近くにのぼり、湯治舟とよばれて季語にもなるほどの別府の春の風物詩となっていた。
家船は、西九州及び瀬戸内海沿岸の港に存在し、入れ墨や女性は抜歯の風習があったとされている。
明治維新以後、納税の義務化、徴兵制や義務教育の徹底の方針から政府が規制をしていった。昭和40年頃には陸上への定住を余儀なくされて消滅したと言われている。

トラックバック・ピンバックはありません

ご自分のサイトからトラックバックを送ることができます。

コメントをどうぞ