宇佐市議会を離れてもこれまでやってきた活動からまったく離れてしまうわけではなく、忙しさは相変わらずです。
でも、責任という重圧から解放され、精神的にはリラックスしています。
私の好きな縄文をテーマにホームページを一新しました。
縄文以後の歴史の中から縄文時代のかけらを拾い集め、彼らの姿を探っていく探偵のような作業で、一緒に謎解きをしていきましょう。

Facebookもご利用ください

豊かだった?縄文時代の生活

縄文人のリアル死生観や自然観…生き方を律した思想は、縄文以降の歴史に光を当てることで明らかになってくる。縄文は失われた過去でなく、日本人の生を律する思想として脈々と生き続けてきた。
考古学に限らず、神話や民俗学などを総合し、日本列島でおこったもうひとつの歴史を考えていきたいと思っています。

縄文とは約1万5000年前~2300年前頃までの間、人々が狩猟や採集だけで暮らしていた時代というイメージですが、すでに「燻製」「塩漬け」「煮干し」といった、現代とほぼ同じ要領での食料の貯蔵、保存の技術を持っていたということが判明しています。縄文人が、単なる“その日暮らし”をしていたわけではないことで、食生活もかなり豊かだったようです。
また共同体は緩やかな原始共産制のかたちもとられていたようで、多少の貧富や身分の差はありましたが、「階級」と呼べるものはなく、縄文時代は弥生時代に比べて殺傷人骨例の発掘は、パーセンテージで比較すれば圧倒的に少なく、争いごとも少なく精神的にも豊かだったようです。
それでは、わたしたちは、なぜ縄文人を軽視してきたのだろう。
「文字も持たず野蛮だから駆逐された縄文人」「背の高い弥生人、小さな縄文人」と教科書には骨格写真や槍をかまえて狩猟する挿絵が並べられていた。
学校の教科書そのものが、「野蛮」という縄文史観を子供たちに押しつけていたように思えてならない。あれを見れば、縄文人と弥生人は入れ替わったと信じてしまう。
弥生時代は「弥生土器が使用された時代」と考えられていたが、この定義が揺らぎつつあり、弥生土器=遠賀川式土器の出現と共に、弥生時代に稲作が始まったという常識は通用しなくなった。
つまり、縄文土器を使っていたのが縄文時代で、弥生土器を使っていたのが弥生時代と明確に分けて考えことはできない。
技術は伝承され、文化は継続されながら時代に即して変化していくもので、はっきりとした時代区分はできないというのが常識となりつつある。弥生土器のような縄文土器があるかと思えば、縄文の息吹を感じさせる弥生土器もあるように、境界線はじつに曖昧なのだ。

 

 

徒然の記

キャッシュが存在しません。
最初にwordpressモジュールにアクセスしてください。

用松律夫略歴

 

1949年 生まれ
日本考古学協会員
文化財保存全国協議会全国委員
戦争遺跡保存全国ネット運営委員

著作・共著

【戦争遺跡は語る】かもがわ出版 1999年
【正・読 しらべる戦争遺跡】柏書房 2003年
【日本の戦争遺跡】平凡社 2004年
【大分の戦争遺跡】 2004年

用松Facebook

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

最近の記事

キャッシュが存在しません。
最初にwordpressモジュールにアクセスしてください。

アクセスカウンタ

今日 : 424424424
昨日 : 1547154715471547
総計 : 970202970202970202970202970202970202

カレンダー

<  2019年12月  >
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031