宇佐市議会を離れてもこれまでやってきた活動からまったく離れてしまうわけではなく、忙しさは相変わらずです。
でも、責任という重圧から解放され、精神的にはリラックスしています。
7月は参議院選挙を控え、公私ともに忙しくしています。
今後の日本の命運を左右する選挙と、この参議選を考えています。
何としても安倍一強体制を打破し、白いものを白いと発言できる普通の世の中に戻さねばならないと考え、比例区は弁護士の「仁比そうへい」さんを、選挙区は無所属の野党統一候補「安達きよし」さんの必勝を目指し応援し、見守っていきたいと思っていますので、皆さんもご声援お願いします。
さて、話は戻りますが、私の好きな縄文をテーマにホームページを一新しました。
縄文以後の歴史の中から縄文時代のかけらを拾い集め、彼らの姿を探っていく探偵のような作業で、一緒に謎解きをしていきましょう。

Facebookもご利用ください

豊かだった?縄文時代の生活

縄文人のリアル死生観や自然観…生き方を律した思想は、縄文以降の歴史に光を当てることで明らかになってくる。縄文は失われた過去でなく、日本人の生を律する思想として脈々と生き続けてきた。
考古学に限らず、神話や民俗学などを総合し、日本列島でおこったもうひとつの歴史を考えていきたいと思っています。

縄文とは約1万5000年前~2300年前頃までの間、人々が狩猟や採集だけで暮らしていた時代というイメージですが、すでに「燻製」「塩漬け」「煮干し」といった、現代とほぼ同じ要領での食料の貯蔵、保存の技術を持っていたということが判明しています。縄文人が、単なる“その日暮らし”をしていたわけではないことで、食生活もかなり豊かだったようです。
また共同体は緩やかな原始共産制のかたちもとられていたようで、多少の貧富や身分の差はありましたが、「階級」と呼べるものはなく、縄文時代は弥生時代に比べて殺傷人骨例の発掘は、パーセンテージで比較すれば圧倒的に少なく、争いごとも少なく精神的にも豊かだったようです。
それでは、わたしたちは、なぜ縄文人を軽視してきたのだろう。
「文字も持たず野蛮だから駆逐された縄文人」「背の高い弥生人、小さな縄文人」と教科書には骨格写真や槍をかまえて狩猟する挿絵が並べられていた。
学校の教科書そのものが、「野蛮」という縄文史観を子供たちに押しつけていたように思えてならない。あれを見れば、縄文人と弥生人は入れ替わったと信じてしまう。
弥生時代は「弥生土器が使用された時代」と考えられていたが、この定義が揺らぎつつあり、弥生土器=遠賀川式土器の出現と共に、弥生時代に稲作が始まったという常識は通用しなくなった。
つまり、縄文土器を使っていたのが縄文時代で、弥生土器を使っていたのが弥生時代と明確に分けて考えことはできない。
技術は伝承され、文化は継続されながら時代に即して変化していくもので、はっきりとした時代区分はできないというのが常識となりつつある。弥生土器のような縄文土器があるかと思えば、縄文の息吹を感じさせる弥生土器もあるように、境界線はじつに曖昧なのだ。

 

 

徒然の記

    九州の巨石文化⑵

    縄文の巨石文化を引き継ぐ豊後の巨石文化・北九州は弥生文化の始まり朝鮮式墳墓
    後で詳しく述べるが、紀元前八世紀頃の中国では周王朝が弱体化し、後に春秋戦国時代をむかえ、多くの難民が生まれ各地に離散したという。そしてそれは陸続きの朝鮮半島にも影響はあったと考えられる。
    その頃の朝鮮半島での巨石文化は北方式と南方式の二種類があり、北方式は平安南道を中心に半島の北半分に多く分布している。
    特徴は四枚の板状石を立てて長方形の石室を作り、その上に大きな板状の上石をのせる構造で、机を連想させることからドルメン(石の机)の名が付けられた。
    南方式支石墓は全羅南道を中心に半島の南半分に多く分布し、埋葬施設が地中にあり上石だけが露出しているが、それを大きく分けると支柱のある碁盤式(有支石南方式)と、地中に穴を掘りその上に上石をかぶせただけの、支石のない蓋石式(無支石南方式)の二つがある。
    南方式支石墓は下部の構造が多様で板状石の石棺があったり、石槨(せっかく:石でつくった棺や副葬品を納める室)など構造が多様化している。人類学者の鳥居 龍蔵(1870年-1953年)氏は、朝鮮半島の支石墓が日本に伝わったと想定し九州各地を調べ歩いた。その後北九州各地から南方支石墓に似た墳墓がぞ次々に発見され、発掘調査もされるようになった。

用松律夫略歴

 

1949年 生まれ
日本考古学協会員
文化財保存全国協議会全国委員
戦争遺跡保存全国ネット運営委員

著作・共著

【戦争遺跡は語る】かもがわ出版 1999年
【正・読 しらべる戦争遺跡】柏書房 2003年
【日本の戦争遺跡】平凡社 2004年
【大分の戦争遺跡】 2004年

用松Facebook

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

最近の記事

アクセスカウンタ

今日 : 1128112811281128
昨日 : 1603160316031603
総計 : 601949601949601949601949601949601949

カレンダー

<  2019年06月  
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30